バジェット・レンタカー八幡引野店

おもちゃのラジコンに本気でカスタムやってみた。

八幡引野店の古閑です。

KIMG7230

若松線旧線(折尾~本城駅間)が廃止になって1年7か月が経ちました。

KIMG1284

(折尾駅の鹿児島本線ホームから撮影した廃止前の若松線旧線)

KIMG7235

(2020年2月撮影。※上の写真と同じ位置)

廃止になって一変した折尾駅周辺の光景にも大分慣れてきましたし、

完成直後は❝単線❞の状態だった新線も今年に入って未完成部分が完成して

元の複線の状態になりました。

旧線廃止後の1年間で折尾駅周辺の再開発はかなり進み、

KIMG0641[D]

旧線跡に建設中の新駅舎は大分出来上がってきました。

新駅舎は旧駅舎を模したレプリカ駅舎でございます。

新駅舎が完成した時はいつかレポートしたいと思います。

(旧線廃止から半年経過した時の、前置き記事はこちら)

では本題へ。

今回はランボルギーニのプラモデル以来のホビーネタでございます。

KIMG0722

景品ラジコンのメルセデス・ベンツSL65 AMGブラックシリーズを

人気キャラクターが多い事で有名な東方Projectの痛車へカスタマイズを施しました。

このラジコンは8月初旬、中間市にあるゲームセンターのUFOキャッチャーで発見。

KIMG5677

(去年購入した1/43スケールのSL65 AMGのミニカー)

実はSL65 AMGブラックシリーズを痛車にするプランは去年購入した

1/43スケールのミニカーで計画。車に貼るキャラクターは

フランドール・スカーレットに決めて準備を整えたものの、

購入したミニカーが分解できない構造だったため計画は頓挫。

(後に自作した米国ナンバーを付けて米国仕様化)

今回見付けたラジコンは改造が出来るとみてプラン復活を決意しました。

そのため早速UFOキャッチャーをプレイしたものの失敗。

KIMG0641[C]

8月末にリサイクルショップで同じラジコンを見付けて購入し、

1度も走らせないまま分解しました。

KIMG0187

分解して気付きましたが、このラジコン・・・・

成形したけどバリやヒケがあるのに何も処理せずにそのまま組み立てた感じでした。

さすが中華ラジコンでございます(大汗)

KIMG0176

ナンバーとエンブレムもこの有様だったので自作シールで作り直す事に(大汗)

KIMG0641[C]

悪い部分を直し、ボディをシルバーから黒に塗り替えて自作デカールを貼付。

実車の写真を見ながら再現出来ていない部分は自作したり

テールランプみたいに安っぽく見える塗装部分は塗り直す形で

ノーマル以上のクオリティを目指しました。

KIMG0641[C]

ボディのカスタマイズだけじゃなく、こんな部分まで改造。

実は旧プランの時から香港仕様の設定でカスタムすると決めていたので、

右ハンドル用のワイパーを自作して右ハンドル車に見えるように工夫しました。

KIMG0641[C]

香港のナンバープレートも勿論自作。

香港はかつてイギリス領だった名残でイギリス式のナンバーが特徴です。

番号はキャラクターを知っている方が見たら理解できる番号に設定。

更に越境ナンバーも作ってダブルライセンスを再現しました。

KIMG0641[C]

悪戦苦闘の末、令和2年9月27日に無事完成。

KIMG0725

完成後、友人から同じキャラクターの痛車(ホンダ・NSX)のプラモデルを借りて

北九州市若松区で屋外ロケを行いました。

KIMG0697

せっかく香港仕様を作ったので、

いつか香港が落ち着きを取り戻して旅行が出来る状態になったら、

このラジコンを香港に持ち込んで撮影してみたいと夢見ております。

最後に車について解説させていただきます。

SL65 AMG・ブラックシリーズは2008年に登場。

350台限定で作られたSLクラス最強の車でわが国には12台限定(価格は4880万円‼)で

販売されたものの、左ハンドル車のみだった一方

日本以外の左側通行国向けには右ハンドル車が用意されたそうです。

右ハンドル車があったのに日本では販売しなかった事を知った時の自分の心境は・・・

なんじゃそりゃ(呆)

香港仕様の痛車に改造したラジコンのレポートは以上です。

※右ハンドル仕様のSL65 AMGブラックシリーズの写真がある記事はこちら


1000円OFFクーポンプレゼント!

バジェット・レンタカー店舗

カテゴリ

アーカイブ